一汗 かくか !
 

今日は、 ご神具 と 道具 の 手入れ を行う。



ぎっしり と 積み込まれているので
全ての品を降ろすことだけでも、重労働だ。

しかし、
日ごろの 酷使 に耐えて、よく働いてくれるので、
丁寧に手入れをしたいと思う。

 
| ご神具のこと | 14:33 | - | - | pookmark |
数日間 空くので
四垂 幣束( へいそく )を作る

数日間、地鎮祭 が空くので、その間を利用して
ご神具 の 手入れをしたり、小物類の 補充をする。

今日は、雨が 降ったり止んだり と安定しないので
幣束類を作ることから始めた。(画像は 玉串 たまぐし に使う幣束)

こういった 作業 には 案外、 時間 と 労力 が掛かる。
でも、大切な事(品)なので、何一つ 疎か にはできない。

息子に、[ 一切の準備を任せる ] こと。

それを夢見て、毎日、一生懸命やりたい。



 
| ご神具のこと | 14:07 | - | - | pookmark |
G.W は

今年も G.W がやってきた
正直 私には 縁がないが・・・

今 福岡の グローバル・アリーナ という所で
ワールドユース という ラグビーの大会が行われている
その招待資格は 前年度の戦績に依るものだが
息子達は去年(3年のとき)は招待されなかった
結局 息子がその大会の試合に出たのは 2年生のときだけだった
その大会のことは 忘れることができない
当時 BK(バックス) 7人のうち 息子たち2年生が 4人 
ひいき目で書くのではないが
この4人の出来が 素晴らしかったのだ
私も応援に行ったが
後先を考えない (褒めているのだ) 身を挺した捨て身のタックルの連発
見ていて 背筋が凍るような 鳥肌が立つ光景だった
そんな試合は・・・
後にも先にも・・・  なかったなぁ (私からみて)
いや それに近いものはあった
息子たちが2年のときの正月元日  対 長崎戦 (負けてしまった)
息子は 16回 タックルに入っていた
県内の試合では 多くて 1〜2回 ( ゼロのときもあった )
それだけ 長崎から攻められ続けたのだろう
このときの試合も鳥肌が立った
あと 去年の 大分国体 (準優勝) は ロースコア の試合の連続だったが
それほどの緊迫感はなかった (終わってみれば)

去年のG.Wでは 息子たちは 関西遠征へ
日程的に とてもハードな遠征となったが
一皮むけた いい経験だったと覚えている

この ゴルデンウィーク ・・・
みんな どうしているかな !?

| ご神具のこと | 21:37 | comments(0) | - | pookmark |
到来物



今年も「柿」が届いた。
遠州(静岡)は 敷地(しきじ)特産の「次郎柿(じろうがき)」である。
大きめで姿の良い、とても美味しい柿だ。
亡き父はこの柿がとても好きで「朝飯がわりだ」と言って、毎朝のように食べていた。(1個食べると満腹になる)
今年も豊作だったようだ。
年末になると「ころがき」という干し柿が届く。(次郎柿とは別種)
それがまた、とても美味しくて毎年、楽しみにしている。
季節の到来物は、ありがたいものだ。


| ご神具のこと | 23:32 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |